水面特性

  • 小鳴門海峡に面した海水の水面ですが、防波堤があるので大きな波やうねりはありません。 形状がスタートラインから1マークへ向けて内側へ狭くなっており、隣の艇との間隔が狭いので差しが狙いにくく、インコースがすごく難しい水面です。グレードレースでもイン逃げがなかなか決まらず、僕自身もまくりを狙っています。隣の艇がまくってくれれば差せますが、まっすぐ走って差すのが難しい。2コースなら1コースの艇が飛び出て差しが決まることもありますが、4コースの差しはとくに難しいです。
    伸び型にして、スタートを決めて、まくる、というシンプルなスタイルが決まりやすく、コース不問で勝負できるレース場です。
    • 海水
    • あり
    • -0.5、0、0.5、1、1.5、2、3
    • 海水なので干満差があります。干潮ならまくり満潮ならインが有利。満潮時は乗りにくく、レースも荒れやすいです。満潮時でも水位の上昇中と下降中では全然違って、下がってきているときのほうが断然乗り心地がいいです。
    • 向かい風でスタートがデコボコするので、まくり差しが決まりやすいです。
      追い風が強くなるので差しが決まりやすいです。
    • 施設リニューアル(2016年4月)前後で水面自体は変わってません。ただ、スタンドや周囲の風景が変わったので、スタートの見え方やハンドルを切るときのタイミングの図り方が前と違います。僕自身、見える風景に合わせて「スタンドのこのあたりでハンドルを切れば…」と、なんとなくの目印を決めていたので、修正が必要でしたね。他の選手も感覚を掴むまでに少し時間がかかるかもしれません。
  • バックストレッチ(BS)の内側にすごく伸びる位置があって、選手間では「鳴門の花道」と言われています。1マーク旋回後に6コースから最内を差した選手がBSで伸びて1着になるケースや、4、6コース差しの選手が舟券に絡んでくる展開もあります。
  • 施設リニューアル後、2マーク側に遮るものがなくなって、旋回時に横風を感じるようになりました。旋回の立ち上がりのときに風をはらんでしまうと体勢を崩すこともあるので風が強い日は要注意です。
鳴門は水もきれいで景色も美しい自慢のレース場です。
スタンドから水面までが近いので、どのレース場よりもレースの迫力が感じられるし、走っていてもお客さんとの距離がすごく近いです。リニューアル後は1マークが観戦しやすい「ダイナミックキャビン」なども新設され、レースが見やすくなりました。観戦するなら1マーク付近は人が多いですが、2マーク付近はけっこう空いているので狙い目です。2マーク側はピットからも近く、僕たち選手の方まで声援が聞こえてくるので、ワーワー言いながら楽しんでもらえればと思います。
ぜひとも、水際の大迫力レースを体感しに、ボートレース鳴門にお越しください!
ページトップ