レース展望

INDEX
レース名を選んでください
マクール杯競走
6/1516171819

6/15〜19--- 11:45 

18:14

12:01

地力断然の篠崎元志が優勝へ突っ走る!

前期83勝でA1級復帰を決めた篠崎がシリーズをけん引。近況好調な若林、深井も上位争い。市橋&堀本の地元コンビが遠征勢を迎え撃つ。
 今節の5日間シリーズは、終盤が多摩川のSGグランドチャンピオンと重なるためSG級は不在。ところが、とんでもないスターが出場する。福岡を代表するスター・篠崎元志(福岡)だ。ケガによる長期欠場で現在はB2級だが、2019年後期は勝率7.95、1着83回で7月からのA1級復帰が決まっている。当地初優勝で勢いをつけて、G1戦線へ戻りたいところ。
 1月の江戸川周年でG1ウイナーに仲間入りした若林将(東京)、2年ぶりにA1級復帰を果たした深井利寿(滋賀)も上位争いを外さない。前野竜一(山口)星野太郎(三重)らも7月からはA1級だ。ともに当地優勝歴もあり、水面への不安はなさそうだ。
 一方、A1級を守れなかった寺本重宣(東京)長岡良也(兵庫)中嶋健一郎(三重)中村有裕(滋賀)藤田浩人(佐賀)山本修一(岡山)は、奮起の走りに期待したい。
 地元からは、GW戦を走ったばかりの市橋卓士(徳島)堀本和也(徳島)が迎え撃つ。ともにGW戦では優出を逃しただけに、今節は優出以上がノルマとなる。
シリーズリーダー
4350 4335 4063
篠崎元志
(福岡)B2
若林将
(東京)A1
市橋卓士
(徳島)A1

要注目レーサー

4348
宮崎奨
(香川)A2

A1級復帰を目指し粘り強くチャレンジだ!

 今までに宮崎がA1級になったのは3回で、G1出場もある。しかし、トップクラスとの差は大きかった。大敗が続いた結果、1年でA2級へ逆戻り。一時は勝率が5点台半ばまで下がったが、徐々に成績を上げてきており、新勝率は6.03まで戻った。
 近況は1着回数23回に対して2着が47回と、道中の粘り強い走りが目立っているのが特徴だ。今年2月のG1四国地区選で当地に登場した際には「また上の舞台で戦いたいです」と決意を話してくれたが、現時点では中間着が多く、A1級復帰までの道のりはまだまだといったところ。まずは結果を残して猛アピールをしていくことが課題となっている。その先には5期ぶりのA1級復帰へ視界が見えてくるはずだ!!

最近2節成績
全国 2019/4/27〜一般(丸亀)334524213 鳴門 2019/2/10〜G1 246232615
2019/4/18〜一般(浜名湖)122365343 2017/4/9〜一般 1656

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は5/11現在のものです。
ページトップ