レース展望

INDEX
レース名を選んでください
鳴門男女W優勝戦
7/161718192021

7/16〜21--- 11:45 

18:11

12:14

男女とも好メンバーでV争いは混戦模様!

男子は松田、渡邉がV有力候補。地元の烏野も上位争いに加わる。女子は中谷、田口、原田、廣中の強力遠征陣に岸、新田、淺田、西岡のうずしおレディースが挑む。
 常滑SGオーシャンカップの余韻が残る中で始まる7月2節目は、男女に分かれてのW優勝戦。
 男子の中心は松田祐季(福井)だ。今年の優勝は1月三国のみだが、最近は果敢な走りで1着を量産している。今節は当地2回目の優勝を目指して初戦から飛ばしていく。渡邊雄一郎(大阪)は当地最近3節で2優出1優勝と結果を残しており、予選落ちとなった前回戦のリベンジだ。中岡正彦(香川)は好不調の波があるが、今年は3優勝と調子を上げてきている。下出卓矢(福井)は伸びを重視した調整で、気合を前面に出して攻め込む。
 地元勢は当地6月戦を走ったばかりの烏野賢太(徳島)に期待。当地は昨年のお盆戦以降優出がなく、1年ぶりの地元戦優出、5年8カ月ぶりの優勝を目指す。
 女子は中谷朋子(兵庫)がV最有力だ。今回は60日のF休み明け2節目だが、女子トップ級のモーター出しと巧みなさばきで優勝を狙う。田口節子(岡山)は夏場に強く、6月三国男女W優勝戦で優勝。当地は3度の優勝歴と期待度は大きい。原田佑実(大阪)は多彩な決まり手で3期ぶりにA1級へ復帰した。近年は1着が増えた廣中智紗衣(東京)も上位争いは外さない。
 地元・うずしおレディ―スからは岸恵子(徳島)が悲願の地元戦初優勝へいつも以上に力が入る。1年5カ月ぶりの復帰戦となる淺田千亜希(徳島)にも注目したい。
シリーズリーダー
4391 3304
女子
3674
松田祐季
(福井)A1
烏野賢太
(徳島)A1
岸恵子
(徳島)A1

要注目レーサー

4437
中田元泰
(香川)A2

A1級復帰を目指し全力で突き進んでいく!

 今年は1月の津で優勝して最高のスタートを切ったものの、その後のG1、G2転戦で勝率を落とした。さらに2月当地の四国地区選のフライング後は、スタートも消極的になってしまった。その結果、勝率6.15で2019年後期審査期間が終了、A1級ボーダーの6.24に届かなかった。
 ところが、期が替わって一転。F休み明け初戦の5月浜名湖で優出すると、続く丸亀で今年2回目の優勝。6月の住之江G1周年では予選3位で準優1枠を獲得、準優もインから逃げ切り通算2回目のG1優出を果たした。G1初優勝とはならなかったが、この経験は大きな自信になったはずだ。
 一番近い目標は、A1級へ復帰すること。調子を取り戻した今、優勝争いの一角となるのは間違いない。

最近2節成績
全国 2019/6/9〜G1(住之江)1422215 鳴門 2019/2/10〜G1 6F335553
2019/5/31〜G1(桐生)256424634 2018/11/10〜G1 126613556

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は6/17現在のものです。
ページトップ