レース展望

INDEX
レース名を選んでください
アペックス杯競走
12/101112131415

12/10〜15--- 8:15 

14:48

8:26

当地久々の白石が中心も主力は実力が拮抗だ!

スタートに定評がある白石をはじめ、近況好調の岡田、谷村、坂元、村松が中心。松田や伊藤に加え女子は津田、喜井が男子相手にどこまで立ち向かえるかも注目。
 12月最初のシリーズは男女混合戦。主力勢の実力は拮抗しており、白熱した6日間になりそうだ。
 中心となるのは白石健(兵庫)。攻撃的な走りでコース不問で1着を獲る。4年ぶりのSG参戦だった児島ダービーでも、果敢に攻めて高配当に貢献した。6年5カ月ぶりの当地でも、素早く水面に対応してV戦線をけん引する。
 岡田憲行(大阪)は10月若松で今年4回目の優勝を飾った。来年の平和島クラシック出場権を懸けて、何としても優勝が欲しい。谷村一哉(山口)は今年3度目の当地参戦。前々回8月企業杯、前回9月周年はともに準優まで駒を進めていただけに、今回は頂点まで突っ走りたいところ。坂元浩仁(愛知)は間隙を突く走りが定評で、近況は大敗が減少してきた。A1級復帰を決めてリズムは良い。
 松田大志郎(福岡)は当地前回1月戦で節間6勝を挙げて優勝。今回は当地連覇を目指して闘志を燃やす。村松修二(広島)伊藤啓三(埼玉)星栄爾(愛知)も前回当地戦で優出しており、期待は大きい。
 女子は9名が参戦するが、A級復帰を決めた津田裕絵(山口)喜井つかさ(岡山)に勢いがある。高配当なら着実に成績を上げてきた地元の西岡育未(徳島)坂咲友理(大阪)森下愛梨(静岡)に期待だ。
シリーズリーダー
3903 3872 3961
白石健
(兵庫)A1
岡田憲行
(大阪)A1
谷村一哉
(山口)A1

要注目レーサー

女子
4878
西岡育未
(徳島)B1

1着が増えた「いくみん」から目が離せない!

 今年の前半は1着から遠ざかってしまい、やや調子を落とす時期もあった。5月鳴門で6カ月ぶりの1着。その後も大敗は目立っていたものの、6月若松は節間3勝をマークした。近況は混合戦での活躍も目立つようになり、10月丸亀では男子相手に予選で2勝を挙げ予選突破。準優勝戦はスタートで立ち遅れてしまい4着となったが、シリーズを通して見せ場はあった。最近は節間1勝ペースが続いており、前期は13勝と大幅に増加した。2020年前期適用勝率は4.47と自己最高を記録しており、選手生活5年目に突入して着実に力をつけてきている点は見逃せない。次なる目標はA級昇格、さらには初優出を目指して、まずは地元水面で大いにアピールすることができれば「いくみん」がまた新たな領域へステップアップしていくことは間違いない。

最近2節成績
全国 2019/11/4〜G3(徳山)564163664 鳴門 2019/8/17〜一般 165666235
2019/10/24〜一般(丸亀)541165425 2019/5/4〜G3 325561651

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は11/12現在のものです。
ページトップ