レース展望

INDEX
レース名を選んでください
第3回湯上がり爽快!徳島の地ビール「あらたえエール杯」競走
9/212223242526

9/21〜26--- 8:15 

14:43

8:29

丸尾&林が地元のアドバンテージを生かす

今年で3年目に突入するモーニング開催。地元の丸尾、林に加えて辻、中澤といったSGウイナーに、近況好調な水摩、中村らがV戦線を盛り上げていく。
 2020年度モーニングレースの開幕を告げる6日間開催。これから来年3月までの半年間、早朝から熱いバトルが繰り広げられる。
 地元の丸尾義孝(徳島)林美憲(徳島)はどちらもお盆戦以来の参戦となる。近況は各地で優出を重ね結果を残しているだけに、今節は走り慣れた水面をアドバンテージに強力な遠征陣を迎え撃つ。
 辻栄蔵(広島)はSGオーシャンカップ以来の当地参戦。一般戦に限れば2016年4月の優勝以来となる。中澤和志(埼玉)は大敗が少なく堅実な走りで、今節は当地連覇に挑戦する。前沢丈史(東京)は優勝こそないが各地で優出ラッシュも、江戸川お盆戦でのフライングでこのあと休みを控えており、スタートが鍵となるか。
 水摩敦(福岡)は鋭いスタートを武器に攻撃的な走りで結果を残し、栗城匠(東京)は4月平和島で初優勝。さらに6月三国で2度目の優勝を決めており、充実期に突入している。
 都築正治(愛知)の今期は序盤にやや出遅れた印象だが、8月平和島での優出で徐々に流れが変わってきており、A1級維持へ今が正念場だ。中村亮太(長崎)は6月に3連続優出を決める活躍で、今期勝率は7点に迫る勢い。3年2カ月ぶりの当地戦も、過去2節はどちらもオール3連対で優出と走りは安定していただけに、久々でも問題はなさそうだ。
シリーズリーダー
3743 3719 3952
林美憲
(徳島)A1
辻栄蔵
(広島)A1
中澤和志
(埼玉)A1

要注目レーサー

4359
横川聖志
(徳島)B1

質の良いスタートでV戦線へ!

 デビュー14年目の昨年6月に桐生で初優勝、その後も各地でキレキレのスタートを連発して初のA1級昇格を決めた。さらにレベルアップをしていく段階と思われたが、昨年11月に当地で非常識なフライング。さらに1月住之江でF2持ちに。事故率を下げるため、スタートは我慢せざるを得なくなった。その結果、2020年後期適用勝率は4.84まで下降し、B級へ降格した。
 期が替わってからも準優突破はなく、まだ波に乗れていない。しかし、スタートは本来の攻撃力を取り戻しつつあり、キレのあるスタートまでもう一息といったところ。その部分が出てくれば、まくり主体の走りで旋風を巻き起こすだけに要注目だ。

最近2節成績
全国 2020/8/11〜一般(福岡)651255344 鳴門 2020/8/1〜一般 6514636122
2020/7/16〜一般(宮島)4524514 2020/5/12〜一般 1635625512

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は8/19現在の数字です。
ページトップ