レース展望

INDEX
レース名を選んでください
ボートレースチケットショップオラレ美馬開設11周年記念競走
10/2223242526

10/22〜26--- 8:15 

14:43

8:26

激戦必至の5日間を制するのは一体誰だ!

10月最後の開催となる5日間シリーズのV争いは混戦模様。当地初Vを狙う森高を中心にA1ランカーが大挙参戦するだけに、いつも以上に激しいバトルを見逃すな!
 大村SGダービーの裏開催とあってA1ランカーが10名参戦しV争いはいつも以上に激しさを増していく。
 特にお隣である香川支部のレーサーがシリーズの中心となるか。森高一真(香川)は前回当地戦の9月G3企業杯は優出2着と当地初Vまであと一歩としており、今節は当然Vしか狙っていない。三嶌誠司(香川)は大敗が少なく、9月は蒲郡、三国でのG3マスターズリーグで連続優出と調子を上げている。中岡正彦(香川)中田元泰(香川)は近況のリズムこそひと息といったところだが、A1級維持を懸けて底力を見せたい。
 倉谷和信(大阪)は当地通算勝率が7.07とメンバー中トップでV4と実績面は申し分ない。山地正樹(岡山)は8月多摩川で今年3度目のVと近況は絶好調だ。柳生泰二(山口)石橋道友(長崎)長谷川雅和(岡山)といったところも一般戦では堅実な走りを見せており、上位争いを外さない。
 地元勢は眞田英二(徳島)菅章哉(徳島)に期待する。特に菅は前期F3の地獄を味わい今期はB2級へ降格となったが、8月尼崎で復帰。節間2勝を挙げて存在感をアピールした。
 竹井貴史(福岡)は6月以来の当地戦。F2持ちでスタートは我慢続きも、コーナー勝負に持ち込む。今節で期末を迎える選手が多く、中でも馬野耀(大阪)は初のA級昇格へまさに勝負駆けと気合は十分だ。
シリーズリーダー
4030 3933 4361
森高一真
(香川)A1
山地正樹
(岡山)A1
柳生泰二
(山口)A1

要注目レーサー

4977
馬野耀
(大阪)B1

養成所チャンプが大器の片鱗見せるか!?

 数々のSG覇者を輩出している大阪支部の所属で、ボートレース養成所120期の卒業チャンプとして鳴り物入りでデビュー。最初の1年半は事故が多く目立ち、低空飛行が続いていた。
 昨年の夏頃からスロー水域も解禁すると、年末のびわこで自身初の準優勝戦に進出した。今年に入ると大敗が減少し、2020年後期適用勝率は4.89と自己最高をマーク。近況は舟券に絡む機会が増加しており、3連対率は60%に迫る勢いだ。9月唐津では準優勝戦で2着ながらも、レース中の待機行動違反で賞典除外と初優出は幻となった。
 10月末に締め切られる2021年前期審査期間勝率は5点台半ばで推移しており、初のA級昇格を決めるためには今節がとても重要なシリーズでいつも以上に気合が入る。素質を開花させてきている今こそ注目したいレーサーだ!!

最近2節成績
全国 2020/9/9〜一般(唐津)522224223 鳴門 2019/8/3〜一般 6532
2020/8/23〜一般(津)4221443513 2019/5/17〜一般 6263543

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は9/22現在のものです。
ページトップ