レース展望

INDEX
レース名を選んでください
ボートレースチケットショップ土佐開設22周年記念競走
7/2223242526

7/22〜26--- 11:30 

18:23

12:10

市橋が強気のレースで主導権を握る!

攻めモードに入った地元・市橋を止められるか!? 攻撃派の飯山と野澤、さばきの巧い佐藤や新美に、廣中、佐々木ら女子も加わり、熱い戦いを繰り広げる!
 地元戦士・市橋卓士(徳島)の今年の成績を見ると、1着34回、2着9回、3着が28回。決まり手は逃げが19回、まくり8回、まくり差しと差しを合わせて6回、抜きが1回である。差しの巧い選手だが、近況は攻めるレースが増えていることがわかる。6月の福岡G1周年でも4コースからインの桐生順平をまくりで沈める場面もあった。当地ではグレードや機力に関係なく、人気に応えて上位進出してくる。今回は一般戦で、迷わず主役に推す。
 対抗格は飯山泰(東京)だ。今年4月の住之江G1周年でフライングを切ったが、続く児島G3企業杯から3連続で優出した。迫力のスタート攻勢で一気に決着をつける。
 佐藤大介(愛知)は手堅い走りが魅力だ。新美恵一(愛知)も内寄りから差しに構えて大崩れしない。5月住之江、6月尼崎と平和島で3連続優出中の野澤大二(東京)は果敢に攻めるタイプ。風速15mの平和島でSGを獲った猛者だ。A1級に復帰した長岡良也(兵庫)は今年2月の当地戦で準優勝した実績がある。佐竹恒彦(滋賀)茶谷信次(滋賀)の滋賀コンビは、勢いに乗ると怖い。
 W優勝戦に続き、今節も女子の活躍に期待したい。廣中智紗衣(東京)は道中粘って3連単に食い込む。中里優子(埼玉)のコーナー戦や、F休み前の今年4月下関G3オールレディースと休み明けの5月常滑で優出した佐々木裕美(山口)も楽しみだ。
 今年4月から使用している新モーターは、そろそろ機力相場が固まってくる頃。バランスの取れているエース最有力の78号機をはじめ、出足型の27号機、回り足の良い79号機など、2連率上位機の動きに注目だ。
シリーズリーダー
4063 3813 3534
市橋卓士
(徳島)A1
佐藤大介
(愛知)A1
野澤大二
(東京)A1

要注目レーサー

4653
小野達哉
(大阪)A2

しぶとい走りで、狙うは当地初優勝だ!

 中学の同級生だった秦英悟の走りを見てレーサーを志し、やまと学校(現・ボートレーサー養成所)に入所。2018年1月に初のA1級昇格を果たすも、対戦相手が強くなったうえにG1でフライングを切ってからは失速し、半年でA2級に逆戻り。その後は5点勝率が続いている。
 だが、舟券貢献度はそれほど低くない。無理なスタートを行かなくなり1着数は減ったが、2、3着数は変わっていないからだ。びわこGW戦では準優出、6月住之江では選抜トライアル戦に予選未勝利で駒を進めている。3月の当地戦でも優出は逃したが、準優3着で舟券に貢献した。
 小野が所属する大阪支部は、松井繁、田中信一郎、太田和美、石野貴之ら強豪がそろっている。自身を鍛えるには最高の環境だ。若松SGオーシャンカップに得点3位で選出された同期同支部の木下翔太にも負けてはいられない。A1級復帰と、当地初優出、初優勝を目指す!

最近2節成績
全国 2018/6/16〜一般(平和島)611113 鳴門 2018/3/11〜一般 161361324
2018/6/6〜一般(住之江)253342426333 2017/3/3〜一般 512235115

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は6/20現在のものです。
ページトップ