レース展望

INDEX
レース名を選んでください
G3

マスターズリ−グ第3戦 第6回サッポロビールカップ競走

6/17(木) 18(金) 19(土) 20(日) 21(月) 22(火)
6/17(木) 〜22(火) --- 8:15

8:32 

14:46 

ベテランレーサー達の熱き闘いを見逃すな!

SG7冠の西島がV候補筆頭も、経験豊富なベテランたちの参戦で激戦は必至。地元勢からは一宮と丸尾をはじめ4人がエントリー。地元ファンの期待に応えられるか注目だ。
 満45歳以上のレーサーを対象として行われるマスターズリーグが当地で開催されるのは今年1月以来となる。経験豊富なベテランが勢ぞろいとあって、今節もコース取りから激しいバトルが繰り広げられる。
 シリーズの中心となるのは西島義則(広島)。当地は過去にV5と水面相性は良好で、前回の昨年12月戦はオール3連対で優出と、実力は頭ひとつ抜けた存在となっている。武田光史(福井)芝田浩治(兵庫)も安定した走りを見せており、V争いの一角に加わる。
 倉谷和信(大阪)橋本久和(群馬)秋山広一(香川)山崎義明(埼玉)はそれぞれ7月よりA2級へ降格が決まっている。来期A1級復帰を目指してここからペースアップを図りたいところ。
 竹上真司(岡山)北川幸典(広島)山室展弘(岡山)森秋光(岡山)はそれぞれ現行モーターを経験しており大きな強みとなる。鈴木博(埼玉)平石和男(埼玉)浅見昌克(埼玉)といった埼玉勢も地力は確かとあって軽視はできない。
 木村光宏(香川)は1月マスターズリーグと3月戦で当地は連続優出。近年勝率は5点台半ばが続くが、攻撃的な走りが魅力とあって今節も好走に期待だ。
 一宮稔弘(徳島)丸尾義孝(徳島)の地元勢はともにGW戦以来の当地参戦となる。慣れ親しんだ地元水面で強豪相手にどこまで迎え撃つか楽しみだ。
シリーズリーダー

  • 3024
    A1
    西島義則
    (広島)

  • 3484
    A1
    芝田浩治
    (兵庫)

  • 3788
    A1
    一宮稔弘
    (徳島)
3462
竹上真司
(岡山)

巧みなコーナーワークでV争いに加わる!

 かつては大舞台で活躍もあったが、度重なるフライングでスタート勝負は極力避けており、的確なコーナーワークで結果を残している。
 昨年までは2期連続で6点を超える勝率を残していたが、前期は5.67と勝率を下げてしまったのだ。しかし昨年11月に地元・児島で5年7カ月ぶりの優勝を飾っており、決して悲観することはない。当地は5月に参戦したばかりで、そのときは準優まで駒を進めている。勝負の世界にタラレバは禁物だが、初日に道中で不利がなければ予選は上位通過もあったのかもしれない。
 当地は過去に13回優出しているものの、優勝はまだ達成していない。しかし当地通算勝率は6.70と出場選手の中でも上位の一角に位置している点は見逃せない。手の内を知り尽くしたライバルたちが相手となる。回り足重視の調整に仕上げて、今度は当地初Vを目指して突き進む!

最近2節成績
全国 2021/4/29〜一般(児島)4364645265
2021/4/22〜一般(丸亀)51643151526
鳴門 2021/5/8〜一般 15353412
2020/12/3〜一般 26111446

:準優勝戦 :優勝戦

※数字は2021年5月18日現在のものです。
ページトップ