• 選手紹介式&初日ドリーム戦出場選手インタビュー
  • 表彰式

レース展望

エース・田村のリベンジVなるか!?!
 10月にG1大渦大賞を開催したばかりの鳴門で、再びトップレーサーたちの熱い戦いが繰り広げられる。今回のダイヤモンドカップは、SGグランプリ出場18枠を懸けたラストトライアル・SGチャレンジカップ前最後のG1だ。
 シリーズをリードするのは、先の大渦大賞をインからトップスタートを決めて制した毒島誠(群馬)と、2号艇で優出した田村隆信(徳島)の2人だ。毒島はこの優勝で、今年の獲得賞金額が1億2000万円を超えた。今シリーズ前の10月末には蒲郡ダービーもあり、SG3連覇を達成しているかもしれない。田村も7月若松SGオーシャンカップで優出してからはリズムが良く、「鳴門のエース」のリベンジVなるか!?
 大渦大賞終了時点で賞金ランキング3位の峰竜太(佐賀)は相変わらず好調で、4年連続の年間最高勝率も現実になりそうな様子。チャレンジカップがF休みの吉川元浩(兵庫)は、今節が最後の賞金アップの機会となる。18位付近の松井繁(大阪)濱野谷憲吾(東京)、大渦大賞優出で順位を上げた徳増秀樹(静岡)は、年末へ向けここで少しでも順位を上げたい。
 舞台が鳴門なら、当地SG優勝2回の実績を持つ石野貴之(大阪)の活躍も楽しみだ。今年の成績は思わしくないが、大渦大賞でも優出して当地巧者ぶりを見せつけた。菊地孝平(静岡)も当地周年優勝歴がある。
 地元ではドリーム戦に選出された当地フレッシュルーキー・山田祐也(徳島)に期待したい。大渦大賞では予選3連勝でシリーズを引っ張った。モーター次第では地元でG1初優勝の可能性も十分だ。
©BOAT RACE NARUTO ALL RIGHTS RESERVED.