G2レディースオールスター 2020/3/3(火)~8(日)

レース展望
最優秀女子・大山に待ったをかけるのは誰?
 ファン待望のG2レディースオールスターが鳴門で開催される。若手からベテランまで、ファン投票で選出された52名による激しいバトルに期待したい。
 主役は2年連続ファン投票1位の大山千広(福岡)。昨年は8月蒲郡レディースチャンピオンでG1初優勝を飾り、大会最年少優勝記録を更新した。またSGオールスターのドリーム戦選出、優秀女子選手に選ばれるなど、今をときめくニューヒロインだ。当地初出走の前回戦は圧倒的な強さで優勝。今年も女子レーサーの中心となるか。
 2位選出の守屋美穂(岡山)は昨年芦屋G2MB大賞で優勝、年末のG1徳山クイーンズクライマックスではファイナル進出を果たした。今年も1月のG3江戸川オールレディースで優勝と好調だ。昨年5月に実戦復帰した平山智加(香川)がファン投票3位。復帰後V3ですぐにA1級復帰するなど、長期欠場のブランクを感じさせない。
 ベテラン勢も前年度覇者の寺田千恵(岡山)日高逸子(福岡)と実力者がそろった。当地は両者とも複数回の優勝がある。
 ほかにも、G1徳山クイーンズクライマックスを鮮やかなまくり差しで制した今井美亜(福井)、同2着の遠藤エミ(滋賀)、1月宮島の男女W優勝戦Vの平高奈菜(香川)も有力な優勝候補。フライングでやや調子を落としている小野生奈(福岡)長嶋万記(静岡)も地力は確かだ。渡邉優美(福岡)高田ひかる(三重)塩崎桐加(三重)倉持莉々(東京)土屋南(岡山)ら、力をつけてきた若手にも注目だ。
 地元「うずしおレディース」は4名が参戦。特別戦優勝歴のある岩崎芳美(徳島)岸恵子(徳島)と、喜多須杏奈(徳島)西岡育未(徳島)が、強豪たちに全力で挑む。