レース展望

INDEX
レース名を選んでください
一般

第6回徳島バスカップ競走

1/18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日)
1/18(火) ~23(日) --- 8:15

8:35

14:43

地元・島村vs強豪ぞろいの遠征勢が好バトル!

主力に近況好調なレーサーがそろった。地元の島村を筆頭に岡村、田中といった好調組や白石、森高、馬袋が激しいV争いを繰り広げる。
 島村隆幸(徳島) は当地で2月に行われるG1四国地区選に向けて大事なシリーズ。近年は7点を超える勝率を維持しており、常に結果を求められる存在だ。
 遠征勢は岡村慶太(福岡) の活躍が著しい。11月児島と12月福岡で連続Vと、一度勢いに乗ればVを量産していく。田中和也(大阪) は昨年SGを2節出場と大舞台で経験を積んできた。今期は12月三国で優出、続く多摩川はVと安定した走りで波に乗っており、V実績のある当地では今節も注目したい。
 廣瀬将亨(兵庫) は11月平和島で8戦全勝の完全V。攻撃的なスタイルが持ち味だ。白石健(兵庫) は9月当地周年で節イチパワーを誇ったが、準優で無念の勇み足。森高一真(香川) は意外にも当地Vはまだなく、どちらも栄冠を目指して気合が入る。
 馬袋義則(兵庫) は強気な攻めで調子を上げてきている。佐々木完太(山口) は俊敏なハンドルさばきが売りだが、前期のF2が大きく響いて昨年末に実戦復帰したばかり。柔軟なレースぶりが戻れば十分V争いに加わってくる。
 A2級組で注目したいのは中村魁生(大阪) 。前回10月の当地参戦時は低調機を見事に仕上げて予選3位通過も、準優のアクシデントで年内は休養を余儀なくされただけに巻き返しを図りたい。真庭明志(長崎) は当地で勝負どころで勝ち切れないことが多く、今度こそ結果を出したいところ。
シリーズリーダー

  • 4685
    A1
    島村隆幸
    (徳島)

  • 4357
    A1
    田中和也
    (大阪)

  • 4040
    A1
    廣瀬将亨
    (兵庫)
4166
吉田拡郎
(岡山)

A1級復帰へペースアップだ!

 昨年3月浜名湖周年で犯した周回誤認のペナルティーで、5月から4カ月の出場停止。復帰戦となった9月大村はレース勘が不安視された中での実戦も、予選から上位着を並べるなどブランクを感じさせない走りを見せた。終盤に1着を並べて優出すると、優勝戦は3コースから上手く展開を突いて見事にVを奪取した。
 しかし長期欠場の代償はあまりにも大きく、前期は60走しか走れずA2級の最低出走回数(70走)にも届かなかったため、今期はB1級へ降格となった。しかし、今期は11月丸亀周年で予選突破、12月徳山は準優勝と存在感を示し、SG1V、G1で3Vの輝かしい実績が色褪せることはなかった。
 当地は大舞台で出走することが多いが、過去に2Vと結果を残しており、相性は悪くない。艇界屈指の速攻派がA1級復帰を目指し全力プレーを誓う。

最近2節成績
全国 2021/12 /20~ 一般(大村)1243314411
2021/11 /28~ 一般(徳山)414113132322
鳴門 2020/7 /21~ SG 431353441
2020/6 /6~ G1 135423625

:準優勝戦 :優勝戦

ページトップ